医療レーザー脱毛で脱毛はどういう風に行われるのでしょうか。脱毛は色々な種類があります。家庭用の脱毛器やエステサロンでの脱毛、医療レーザー脱毛。価格帯もばらばらです。そこで、脱毛を完了させるための近道を医療レーザー脱毛を中心にアドバイスいたします!
医療レーザー脱毛とは。皮膚の中のメラニンにだけ反応する医療用のレーザー機器を使用して、毛が作られる毛母細胞にアプローチしていく方法です。
医療用ですので家庭用やエステサロンとは違い、深い毛母細胞にまでアプローチできるので、確実な脱毛が可能であるのが特徴です。

医療レーザー脱毛とは|全身脱毛クリニックランキング

医療レーザー脱毛の仕組み
脱毛の仕組みは上でも書いてある通り、メラニン色素に反応するレーザーを使用し、毛を産む組織を破壊することで永久的に毛を生えなくする方法です。家庭での脱毛、エステサロン、クリニックでは、使用するレーザーに違いがあり、効果に違いが出てきます。毛を産む組織を破壊するには熱エネルギーが必要です。もちろんこのエネルギーが高いほど効果は高くなりますが、皮膚が熱を帯びたり、やけどなどのリスクも高まります。
医療レーザー脱毛で安心安全の脱毛を
エステサロンで使用している脱毛機や家庭用脱毛器では、高いエネルギーを使用することが出来ません。それは医療機関ではないからです。もちろん、やけどをさせようとしているわけではありませんが、やけどのリスクがある以上、医療機関以外で高いエネルギーが出る機器を使用するのは法律で禁止されていますし、万が一のことが起きたときの適切な処置ができません。
脱毛の効果の違い
エステサロンや家庭用脱毛器では、法律で禁止されているため、高いエネルギーでの照射ができません。そのため、毛質や深いところに毛母細胞があった場合に関しては、エネルギーが届かず何回照射を繰り返しても脱毛が完了しません。そのため、体質によっては家庭用脱毛器やエステサロンでの脱毛は脱毛完了前に限界が来てしまうということになります。